トップ 絵画入門ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

絵画入門ナビ絵画入門について > 絵画の題材について

絵画の題材について

絵画の題材についての画像

絵画を始めるにあたって、絵画の題材をどれにしようか悩まれる方もいらっしゃるかと思います。実際、絵画の題材に制限はないのではないかなと、絵画初心者の私も思います。

絵画の素材同様、小さなお子様でしたら自分の好きな昆虫や花や葉っぱといった、1つのものを画用紙いっぱいに書くのも、書いた作品を部屋に飾ってみるととっても可愛いですし、もちろん自分の感動した風景をテーマに描いてみても良いかもしれません。風景と言っても、春の風景、夏の風景、秋の風景、冬の風景と1つ1つの季節ごとに違った味わいがありますよね。白銀に覆われる世界を描ける冬の風景は、その分家々にともった黄色い明りが暖かく美しく感じますし、夏でしたら夏の元気のよい感じが楽しめます。

また、自分の家族を題材にして一人ずつモデルになってもらって描いてみても楽しいですし、もちろんペットのいろいろな表情を題材に描いてみるのもお勧めです。私の場合は、子供のころの今は亡き祖父とのお気に入りの写真、自分は3歳くらいで弟が1歳くらいの、秋の風景の中で3人でベンチに腰掛けている姿を最近の油絵の題材として取り上げました。

私の場合は、風景は得意なのですが人間は不得意。。。顔を入れてしまうとどうも納得のいかない仕上がりになってしまうのですが、顔をいれなければどうしようもないということで、最終的には納得のいかない絵になってしまいました。これも修行のひとつと、今度は顔を上手に描けるように人物画をテーマに描いていこうと闘志を燃やしているところでございます。



スポンサー広告

ネットショップ広告


絵画入門ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 自画像について

自画像は、肖像画と違って描いている人が自分をモデルに描いたものを自画像と呼ぶようになりました。絵画の中で有名なのは、油絵(油彩画)で描かれたヴィンセント・ヴァン・ゴッホの自画像などが挙げられるかと思います。自画像の歴史的背景としては、ルネッサンス期以降に、もともと宗教画などを描くように頼まれた画家の人たちが、内緒でその一部に自分を紛れ込ませたりしていたそうですが、16~17世紀にやっと自画像はokということになって、絵画のカテゴリーの一つとして加わったようです。 自画像と聞

絵画入門ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。