トップ 絵画入門ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

絵画入門ナビ絵画入門の知識 > 日絵画の歴史

日絵画の歴史

日絵画の歴史の画像

日本では、絵画はどのように発展したのでしょうか?まず、日本の絵画、いわゆる日本画というのは、西洋の画法を用いて書かれた絵とは対照的に、伝統的な日本の画法で描かれたものを指すそうです。それでは、日本の絵画の歴史を見て行ってみましょうか。日本の画法を用いて描く日本画は、日本の文化とともにいろいろと変化してきたようですね。

日本画といって思い付くのは、江戸時代の浮世絵を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?歌舞伎のポスターやチラシなどに描かれているのは、日本画といってたくさんの方が思い浮かべる絵のひとつかと思います。浮世絵は、版画絵なので日本の絵画と呼べるのかどうか微妙なところですが、江戸時代に大人気だった浮世絵は人気の花魁や歌舞伎の役者、また有名な風景(富士山など)が描かれていますよね。

ちなみに、日本で広く愛された日本独特の版画といえば、美人画もチェックしておく必要があるでしょう。江戸時代の浮世絵から、明治、昭和と美人画は時代は移り変わっても愛され続けました。日本の絵画と言えば、水墨画も外せませんが、水墨画は江戸時代より前に中国から渡ってきた画法なのだそうですよ。ですから、なんとなく水墨画をみると中国風な雰囲気を感じたりもしますよね?

中国から渡ってきた水墨画は日本人に好まれ、広まっていくことで日本文化にも上手く溶け込み、最終的には日本流にアレンジされて、さまざまな流派などが生み出されたようです。日本の絵画と言えば絶対的に外せないのが、着物やふすまなどに描かれている花鳥画です。平安時代から、障子や襖、屏風などに用いられてきました。



スポンサー広告

ネットショップ広告


絵画入門ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ スケッチについて

スケッチというのは、料理に例えるなら、下ごしらえ的なものだといえます。文章をかく場合の取材メモといってもいいでしょう。スケッチは、写生、下絵、素描、略図、ラフ画、クロッキーといった言い方があります。これから綿密に描いていくための下準備的な作業といえますが、短時間で対象物の特徴を捉え、そのニュアンスまでも写し取るという作業は、それなりの経験とテクニックがいるものです。 絵を描く場合、そのテーマや対象物探しというのは、重要な事柄です。日常生活の中で、いつ描きたいものに出会うかわ

絵画入門ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。