トップ 絵画入門ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

絵画入門ナビ絵画入門の知識 > イラストについて

イラストについて

イラストについての画像

イラスト、つまりイラストレーションというのは、絵画とどのような線引きがあるのでしょうか?やはり、簡略化された視覚的表現といえば、いちばん分かりやすい表現になるのかもしれません。広義的にいえば、絵本の挿絵から漫画までもイラストレーションといえるかもしれません。ですが、その区別は、概念的なものだと思われます。

絵画というのは、ファインアート、つまり芸術的な表現を含む作品ということです。それに対して、イラストレーションは『ポピュラーアート』。表現された事象が、言葉によって明確に説明しうるもの、といえるかもしれません。古くは壁画などに描かれた図形も、イラストだといえます。

現代におけるイラストレーションの普及と発展は目覚しいものがあります。単に分かりやすいばかりでなく、高度な技術に伴う複雑なイラストレーションもでてきています。イラストレーションと密接な関係にあるのは、やはり印刷という技術でしょう。もとは版画という文化が、オフセット印刷やシルクスクリーンといった進化を遂げ、広告というメディアを通じて発展していきました。

写真やフィルムと一緒に、イラストレーションも消費者に訴える手段として有効なものとして使われてきました。コンピュータグラフィックスの進歩も、イラストレーションの技術の進化に関係しているといえます。大衆文化や経済、社会情勢と密接な関係にあるということも、イラストレーションの特徴だといえるでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


絵画入門ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 宗教画について

宗教画というのは、字のとおり宗教上の目的のために描かれた絵画のことをいいます。有名なのは、やはりキリスト教の宗教画やギリシャ神話に基づいた宗教画でしょうか。当時は読み書きの出来ない庶民も多かったといいます。そういった人たちに向けて、教えをほどこすという役割も、宗教画にはありました。 宗教的な逸話をモチーフに描かれた宗教画は、たくさんの画家が様々に描いています。時代とともに技法も変化しており、宗教画の変遷は、そのまま西洋美術史の流れと重なっているともいえます。ルネッサンス時代

絵画入門ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。