トップ 絵画入門ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

絵画入門ナビ絵画入門の準備 > 水彩絵の具について

水彩絵の具について

水彩絵の具についての画像

初心者の方にも馴染みのある水彩絵の具ですが、改めて使い方をご紹介したいと思います。

一口に水彩絵の具と言っても、透明水彩絵の具と不透明性水彩絵の具の二種類があります。透明水彩絵の具は、塗り重ねると下の色が透けてくるので、軽いタッチの絵になります。不透明水彩絵の具は、学校などでしようしたポスターカラーを思い出していただければいいと思います。はっきりとした色味が特徴です。初心者は、まず十二色セットの絵の具から初めて、徐々に使用したい色を増やしていくといいでしょう。

チューブの絵の具は、予め使用する色をパレットに出して使います。混色をして色を作る場合、三色以上混ぜてしまうと透明感が損なわれる恐れがあります。どうしても多色使いの混色を使いたい場合は、絵の具同士を混ぜるのではなく、単色を塗り重ねることで表現するという手法があります。にじみや濁りや水彩絵の具は色々な変化が楽しめます。色を使い分けるようになることも大切ですが、そのような偶然できてしまった色を楽しむというのも、水彩画の醍醐味だといえるでしょう。自分ならではの新しい色を発見した時、さらに水彩絵の具の楽しさが味わえると思います。

手軽さも、水彩絵の具の利点です。携帯用の水彩画セットには、予めパレットに乾燥させた絵の具がついているものがあります。直接水でのばしてしようするのですが、旅先はもちろんのこと、バックに忍ばせておいて、出先でちょっと空いた時間に水彩絵の具のスケッチというのも、おしゃれでいいかもしれませんね。



スポンサー広告

ネットショップ広告


絵画入門ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 宗教画について

宗教画というのは、字のとおり宗教上の目的のために描かれた絵画のことをいいます。有名なのは、やはりキリスト教の宗教画やギリシャ神話に基づいた宗教画でしょうか。当時は読み書きの出来ない庶民も多かったといいます。そういった人たちに向けて、教えをほどこすという役割も、宗教画にはありました。 宗教的な逸話をモチーフに描かれた宗教画は、たくさんの画家が様々に描いています。時代とともに技法も変化しており、宗教画の変遷は、そのまま西洋美術史の流れと重なっているともいえます。ルネッサンス時代

絵画入門ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。