トップ 絵画入門ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

絵画入門ナビ絵画入門の種類 > 静物画について

静物画について

静物画についての画像

静物画といえば、みなさんがそうぞうされるのは、止まっているものを対象とした絵ではないでしょうか?私の想像する静物画、といえば、学校の美術の教科書に載っていたような、果物が大きな銀のトレーに盛られている様子を描いたものなどです。実際に、静物画とはその通り、動かない果物などだそうですよ!静物画とは、静止している花や、野菜、果物、陶磁器、パンなど、いろいろなものを対象に描いた絵を指すのだそうです。

単に静物画と言っても、静物画にはいろいろなカテゴリーがあるそう。静物画のカテゴリーと聞くと、なんだか小難しいカテゴリーに分かれているのかと思って調べてみると、実際にはごく単純、シンプル。花束、コレクションが、朝食・晩餐画、台所などといったものがカテゴリー化され、分けられているのだそうです。静物画の中のひとつは、はかなさを表現する絵として、朽ちていくものを描いた作品などがみられるようです。

ちなみに静物画は、例えば台所の様子を描いたものであっても、人などは描かれていないのが特徴のようですね。台所のテーブルにのった魚やフルーツなどが描かれていても、そこで料理をしている人は描かれないななんてと思いますが、それが静物画独特の雰囲気を醸し出すのかもしれませんね。また、宗教的な意味合いを含んだものも多くあるそうです。ヨーロッパの静物画は、15世紀ごろから発達したそうですが、宗教の意味合いを帯びない静物画は1600年前後から描かれ始めたようですよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


絵画入門ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 日絵画の歴史

日本では、絵画はどのように発展したのでしょうか?まず、日本の絵画、いわゆる日本画というのは、西洋の画法を用いて書かれた絵とは対照的に、伝統的な日本の画法で描かれたものを指すそうです。それでは、日本の絵画の歴史を見て行ってみましょうか。日本の画法を用いて描く日本画は、日本の文化とともにいろいろと変化してきたようですね。 日本画といって思い付くのは、江戸時代の浮世絵を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?歌舞伎のポスターやチラシなどに描かれているのは、日本画といってたくさん

絵画入門ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。