トップ 絵画入門ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

絵画入門ナビ絵画入門の種類 > 肖像画について

肖像画について

肖像画についての画像

絵画の中でも古くからある肖像がについて、ここでは見ていってみましょう!肖像画は、その名の通り人をモデルとして描いた絵画となります。肖像画と呼ばれる絵画は、人をモデルにしているとはいっても、コミカルに描いたりしている似顔絵とは違います。肖像画の特徴と言えば、やはり写真のように真摯にモデルを捉え、見たままを描いた作品がほとんどですよね。

肖像画で有名なものといえば、貴族の館に飾られていたような肖像が以外にも、レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれたモナ・リザなどが有名で沢山の方がご存知なのではないかと思います。モナ・リザは、一説によればレオナルド・ダ・ヴィンチが女装した姿を描いたものなど、面白い説などもあるようですね。もともとレオナルド・ダ・ヴィンチは彼の描く絵画の中にいろいろな仕掛け、というかいたずらを仕組んだ人としても有名ですけれどね!

私たちが想像するような肖像画は、中世の終わりくらいからブルゴーニュやフランスなどで描かれるようになったようで、このころの典型的な肖像画はモデルの外見を写実的に描くスタイルが多かったようです。ちなみに肖像画の中でも、一般人を描いたものは、どうやら古代ローマ時代のエジプトの葬儀時に描かれた、少年の肖像画だそうですよ。ちなみに、自画像と肖像画の違いは、自画像はその絵を描いている人が、自分をモデルに描いたもの、そして肖像画はその絵を描いている人がモデルを頼んで描いたものを指すのだそうです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


絵画入門ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ クレヨンについて

子どもの頃に誰でも一度は手にしたことのある画材といえば、クレヨンではないでしょうか。パステルと同じように、顔料を固めたものですが、クレヨンはやし油をつなぎとした、油脂系の画材です。そのため、重ねて塗って、削り取るなど、他の画材ではできないような技を使って、独特の作品が描けます。性質の違う水彩絵の具とあわせて使用する技法が、最近は人気があるようです。ただし、色を混ぜたりはできないため、芸術家で使用する人は少ないようです。 つなぎの油脂を、パラフィンや鉱物油(セレシン類)など、

絵画入門ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。