トップ 絵画入門ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

絵画入門ナビ絵画入門の種類 > 宗教画について

宗教画について

宗教画についての画像

宗教画というのは、字のとおり宗教上の目的のために描かれた絵画のことをいいます。有名なのは、やはりキリスト教の宗教画やギリシャ神話に基づいた宗教画でしょうか。当時は読み書きの出来ない庶民も多かったといいます。そういった人たちに向けて、教えをほどこすという役割も、宗教画にはありました。

宗教的な逸話をモチーフに描かれた宗教画は、たくさんの画家が様々に描いています。時代とともに技法も変化しており、宗教画の変遷は、そのまま西洋美術史の流れと重なっているともいえます。ルネッサンス時代になると、写実的な表現が主流になってきます。人物の表情や背景など、よりリアルな表現が求められるようになりました。人々の要望に答えるうちに、宗教的な意味合いが薄まってきます。より人間的な聖人や聖母が描かれ、時代の意識を反映した絵画になりました。

日本では雪舟が宗教画家として有名です。禅の教えを絵で表現した雪舟は、自らも僧侶でした。そのほかにも、白隠慧鶴、一休宗純、沢庵や良寛もといった僧侶が絵を描いています。やはり、宗教的な概念を絵で示すというのは、他の人に伝える手段としてもっとも分かりやすかったのかもしれませんね。

宗教がでなくても、壮大な美術作品を目の前にしたときに、真摯な気持ちになるものです。芸術家の魂が込められた作品ならば、そのような祈りのような波動を作品から受けることがよくあります。それが絵画の楽しみといえるかもしれません。



スポンサー広告

ネットショップ広告


絵画入門ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 自画像について

自画像は、肖像画と違って描いている人が自分をモデルに描いたものを自画像と呼ぶようになりました。絵画の中で有名なのは、油絵(油彩画)で描かれたヴィンセント・ヴァン・ゴッホの自画像などが挙げられるかと思います。自画像の歴史的背景としては、ルネッサンス期以降に、もともと宗教画などを描くように頼まれた画家の人たちが、内緒でその一部に自分を紛れ込ませたりしていたそうですが、16~17世紀にやっと自画像はokということになって、絵画のカテゴリーの一つとして加わったようです。 自画像と聞

絵画入門ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。