トップ 絵画入門ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

絵画入門ナビ東京都 > 絵画教室スケッチピープル

絵画教室スケッチピープル

絵画教室スケッチピープル

絵画教室スケッチピープルでは、スケッチ、絵画を通して想像豊かなライフスタイルの提案と、画に対する苦手意識を解消し、どんな方でも自身を持って描ける指導をしています。

絵画教室スケッチピープル:DATA
住所130-0014
墨田区亀沢三丁目24番2号
電話090-2521-6025
FAX044-422-1548
URLhttp://www.image-navi.com/sketch/
営業毎週土曜日 14:00-17:00、17:30-20:30
駐車場なし
業種絵画教室、スケッチ、スケッチ 上達、スケッチ 方法、デッサン、鉛筆画、色鉛筆画、パステル画、水彩画、静物画、人物画、風景画
アクセスJR両国駅東口より徒歩14分、地下鉄大江戸線両国駅より徒歩8分。
お役立ち情報基礎を大切に、基礎トレーニングに力を入れています。
スケッチや絵を描くことに抵抗感がある方でも、安心して取り組む事ができます。絵に対する苦手意識を無くし、イメージ力アップによる学力向上、仕事でのアイデアスケッチにも生かせます。

絵画教室スケッチピープルの地図

墨田区亀沢三丁目24番2号

絵画教室スケッチピープルの詳細をご紹介!

 人はなぜ絵を描くのでしょうか。 それは画を描く行為は人類誕生以来、もっとも普遍的な表現方法の一つだからです。
石器時代のおよそ2万5先年以上前の線で描かれた壁画の発見以来、延々と現代にも受け継がれています。
しかも絵を描く教育を受けたわけでもないのに、非常に的確で正確な線で描かれています。しかもシンプルで無駄のない線だけで描かれているものが大半です。
そして時代が経つにつれて半立体のレリーフや陰や色を付けてさらに画を進化させていきました。
石器時代のように、文字も言葉もない世界で、唯一相手とのコミュニケーションをしっかり伝える最初の手段が画を描く事だったのでしょう。
そのためには、しっかりとした写実的にものを自分の目でしっかりと観察し、描くという事が必要な条件だった事は確かなはずです。
 それは厳しい世界を生き残って生きていくうえで誰にでも必要な技術でした。
スケッチを上達させるには描く技術よりも、ものをしっかりと観察するほうが大切です。他の学問と同じで、まず基礎をマスターすることで、だれでも平等に上達していきます。センスや才能はその後の応用力によって自然とついてくるものです。
子供の頃以来、画を描くのが苦手な方、うまくスケッチする自信がないという方も、この機会にスケッチの苦手意識を克服し、スケッチをする楽しさ、素晴らしさを再確認してみてはいかがでしょうか。
今まで、絵を見るのは好きで、描いてみたいが自信がなくて描いていなかった方々に特におすすめの教室です。
スケッチや絵画に興味を持たれた方、スケッチ力が仕事上で必要になった方、これを機会により楽しく深く学んでみたいとお考えの方、個別指導で上達を図りたい方にもおすすめです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


絵画入門ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 絵画の技法について

絵画にはいろいろなジャンルがあるのと同様に、いろいろな技法が存在しています。たとえば、油絵と呼ばれる油彩画の技法だと、油絵で作られた作品を思い浮かべてみればわかるように絵具を油で薄めないで、そのまま厚く塗り重ねていくような方法で書いていく技法が用いられたり、また薄塗りといって、溶いた油やニスで絵具を薄めて塗っていく技法などもあります。透明感を求めるときに、用いられる技法だそうですよ! 水彩画の場合には、またまたいろいろな技法が存在しています。たとえば、水彩画を描く上でたまに

絵画入門ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。