トップ 絵画入門ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

絵画入門ナビ山口県 > 有限会社木阪賞文堂/柳井中央店

有限会社木阪賞文堂/柳井中央店

有限会社木阪賞文堂/柳井中央店

「あなた」と「オフィス」のお役に立ちたい!
つくれる文具屋さん

木阪賞文堂は2003年3月に認証環境ISO14001(1996版)を
取得しています。
これまでも、これからも環境に配慮した文具・オフィス用品を
積極的にご案内。
さらにオフィスデザインや印鑑・名刺など自家製で迅速を
モットーに「つくれる文具屋さん」を目指します。

有限会社木阪賞文堂/柳井中央店:DATA
住所〒742-0035
山口県柳井市中央3丁目278-2
電話0820-22-0150
FAX0820-22-9506
URLhttp://www.sirakabe.com/
営業月~土曜日 08:30~18:30日曜、祝日
駐車場20台 
業種印鑑・印章・ゴム印、印刷、印刷サービス、印章・印鑑販売、OA機器販売・修理、オフィスプランニング、絵画材料・絵具、貸会議室、紙製品、金庫、黒板、コピー機、ゴム印販売、コンピューター、コンピューター周辺装置、コンピューター用品、磁気テープ・ディスク、事務用印刷機械、事務用機械器具販売、祝儀用品、書道用品、スチール製品、製図用機械・器具、贈答品店、ソフトウェア業、テープ・リボン、パソコンショップ、筆耕サービス、ファクシミリ、筆、文具・事務用品製造・卸、文具・事務用品店、包装梱包材料、名刺印刷、レジスター、和紙
アクセス(最寄駅)
○JR山陽本線・柳井駅徒歩5分
お役立ち情報この度、中央店では文具工房スペースをリニューアルしフリー談話スペースを設置いたしました。
(ちょっと狭いですけど・・笑)

有限会社木阪賞文堂/柳井中央店の地図

山口県柳井市中央3丁目278-2

有限会社木阪賞文堂/柳井中央店の詳細をご紹介!

【会社概要】
□社名:有限会社 木阪賞文堂
□代表取締役:木阪 泰之
□沿革:1884年 創業 筆、墨・小間物販売。昭和に入り、卸商として活動
      1999年 オフコ柳井中央店出店
      2003年 環境に関する国際規格ISO(BS-EN-ISO14001:1996版)を取得
            中小企業経営革新支援法に基づく経営革新計画企業に承認
□資本金:1,000万円
□業種:文具・オフィス用品販売
□ホームページ:http://www.sirakabe.com/

【柳井中央店】
□所在:〒742-0035 山口県柳井市中央3丁目278-2
              (柳井グリーンマンション前)JR柳井駅より徒歩5分
□連絡先 TEL 0820-22-0150
           050-3303-9341(IP電話)
       FAX 0820-22-9506
       Eメール info@sirakabe.com
□営業時間 AM8:30~PM6:30(月~土)
       休日:日曜、祝日
□駐車場 20台



【白壁本店】
□所在:〒742-0022 山口県柳井市柳井津452番地
              (柳井白壁の町並み内)JR柳井駅より徒歩7分
□連絡先 TEL 0820-22-1878
       FAX 0820-22-0307
       Eメール info@sirakabe.com
□営業時間 AM10:00~PM5:00
       休日:毎週月曜
□駐車場 3台


【当店のモットー】
当店の全ての商品・サービスを通じてお客様を幸せにすること

【雑感】
『おたくは”つくれる文具屋さん”と謳(うた)っちょってですが、一体どんとな事が出来てんですかいのぉ?』というお問い合わせをよく頂戴いたします。今回はこの質問に対して、素朴且つ実直にお応えしましょう。木阪賞文堂は柳井市の小さな文房具店です。扱っている商材は、こだわらなければどんなところでも購入できるものばかりです。そんな中で木阪賞文堂が少し変わっているのは『つくれる文具屋さん』であることかもしれませんねぇ。既存の文房具を只右から左へ販売するだけではなく、文房具に知恵と技術と感性を加えて、地元のみなさんの夢や想いをカタチにしたい(作・造・創)・・・そんなことを目指している文房具屋さんです。

   



スポンサー広告

ネットショップ広告


絵画入門ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 油絵の具について

油絵の具は、顔料を乾性油で練り上げた画材である。質感や乾く度合いによって多様な物質が添加される。完全に乾燥するまでに時間がかかるという特質から、他の色を混ぜたり、ふき取って違う色を乗せたりと、制作上で様々に手を加えられるところから、様々なアーティストに使用されてきました。使用する際の注意点をお教えしたいと思います。 色を混ぜる際は、淡い色に濃い色を混ぜていくと無駄がなくなります。濃い色を薄めていくと、かなりの絵の具を使用してしまいますが、淡い色から濃い色にしていくのなら、色

絵画入門ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。